単身パックで遠い引越しを安く抑えるためには?

単身パックがそもそも対応しているのか、料金が高くならないか、時間はどのくらいかかるかなど、
長距離の引っ越しは色々と不安があるものです。

地域や引越し元・先で細かく変わってくる!

単身パックの料金は単純に距離で相場を見るのは難しいです。

地域によって業者は違いますし、どの方面に向かうのか、荷物量は?、
日時は?など利用状況によって全然料金が変わってきます。

大手ではダック引越センター、日通、キリン引越センター、クロネコヤマト、エイブル引越サービス、エース引越しサービスなどなど色々ありますが、地域に密着した業者のほうが安いケースも多々あります。

また業者によっては長距離引越しプランも用意しているので、
普通よりお得になることもあるわけです。

1社で決めると高くつく!必ず複数社で料金比較しよう

引越し費用を安くする原則は複数の業者で比較することです。
基本的に単身パックは見積もりをしてみないと正確な金額はわかりませんし、
業者によって3万以上の差が出るケースもあります。
1つ1つ問い合わせなければいけませんが、なるべく安く抑えるために是非お勧めします。

時間がない、探すのが大変なら一括見積サービスを使う手も

引越しは荷造りや公共料金の手続きなどやることは沢山あります。
業者を見つけるのが辛い場合は一括見積サイトを利用すると便利です。
移動距離はもちろん、荷物量、依頼したい作業内容、日時などを入力するだけで、
対応可能な業者から正確な費用を確認でき、安い業者を探すことが簡単です。
そのまま予約もできますので、かなり時間節約できます。

例えばCMでも有名な『引越し侍』はWEBから1回入力するだけで安い業者を探すことができます。
荷物の詳細も入力できるので、かなり正確な見積金額を知れるので便利です。

引越し侍
荷物の詳細

kotira引越し侍見積もりサービスを見てみる

めんどうな荷造りや家具配置まで依頼可能

単身パック業者は荷物を運ぶだけでなく、引っ越しに必要な作業を依頼すること可能です。
荷造り、大型家具や家電の梱包、荷ほどき、家具配置、不用品廃棄まで、
一人では何かと大変な作業をおまかせすることもできます。

どこまで依頼したかも含めて見積もりを出すことができますので、
時間が無い人は利用してみても良いかもしれません。

長距離の引越しの流れって?どれぐらいで受け取れる?

長距離の引越し手段はいくつかり、単身パックなど他の荷物と一緒にいく混載便で運ぶ方法、
専用のトラック一台をチャーターして送るチャーター便、
船やJR線などを利用したコンテナ便です。

もっとも安く済むのは単身パックを含む混載便で、長距離なら翌日受取が通常です。
荷物が少な目、翌日で問題ないなら一番安く簡単に済むプランです。

逆にどうしても当日受け取りたい!場合は、チャーター便の選択になります。
料金は高くなりますが、専用トラックが直接新居に向かうため、かなり早い輸送になります。
ただ、距離によってはチャーター便でも翌日になることはあるので注意してください。

逆に翌日以降ゆっくりとした受取で良いなら、コンテナ便が便利です。
3~4日までなら保管料がかからないところがおおいので、
早く荷物がきてしまうと困る!という人に便利なプランになります。

帰り便を利用する手も

もう一つ長距離の引越しを安く済ませる方法が「帰り便」の利用です。
これは別の引越しで、自分のいる地域に向かっていたトラックに荷物を搭載し、
トラックの帰りがてらに新居に荷物を運んでもらうプランです。

通常トラックの帰り荷はなく、無駄なスペースになってしまうため
業者も有効活用したいので安めの料金設定になっています。

大型な家具を捨てる手も。不用品は必ず処分しておく

引越しの費用は荷物量(スペース)で値段が全然違ってきます。
不用品は新居先でなく、必ず引越し前に捨てるように心がけましょう。

それと冷蔵庫や洗濯機、本棚、ソファなど大型家具、家電類はスペースを取るため、
あるなしで料金が全然違ってきます。
場合によってはこうしたものは思い切って捨ててしまい、
新居先で新しく購入したほうが安い場合もあります。

どちらがお得かは状況によって変わってきますので、
引越し業者としっかりと相談しましょう。

安い引越し業者を探す